賃貸物件では火災保険の加入がほぼ義務つけられていますが、火災保険に加入したくない方もいるかもしれません。

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件の火災保険の必要性

賃貸物件を借りる際には初期費用が必要になりますが、不動産業者から出される初期費用の内訳の中には火災保険料も含まれています。この火災保険に入りたくないと考えられる方もいるかもしれませんが、これはほぼ義務付けられています。例えば、自分の部屋で火災を起こしてしまった場合は、貸主に対して弁償する責任が発生します。建物を燃やしてしまい、それを自己負担で弁償するというのはかなりの金額になることは間違いありません。支払いが困難になることが想像できます。

また、他の人が火事を起こして自分にも被害がおよび、家財が燃えてしまった場合、その人に対して弁償を求めることは法律により禁止されています。その分は火災保険から支払われることになりますので、自分の為に火災保険の加入は必要だと言えるでしょう。この火災保険に加入をしなければ賃貸物件の契約は出来ないものだと考えるほうが無難だと言えます。

契約時に火災保険については明確な説明をしない不動産業者が多いものですが、賃貸を借りる人のための火災保険の内容になっていますから適切な保険内容です。また、地域によっては地震保険にも加入した方が良い場合もあるかもしれませんが、地震保険にすると支払い金額が結構高くなりますから事前に確認をしましょう。

注目情報

Copyright 2017 賃貸物件の火災保険の必要性 All Rights Reserved.